メニエール病の耳鳴りを治したい

メニエール病の耳鳴りは40代以上の女性によくみられる症状です。

 

メニエール病の原因とは、主に、内リンパ水腫などによる内耳の刺激です。

 

 

内リンパは、耳の内部の、音の振動を感知する蝸牛や、平衡感覚に関与している三半規管などの部分を満たす液体です。このリンパ液が、ストレスや血行障害、睡眠不足などの、何らかの理由で増大し圧力がかかることで、蝸牛や三半規管に刺激が加わり、耳鳴りや難聴、回転性めまいなどの症状が出ます。

 

 

メニエール病耳鳴りの処方薬とは主に、このリンパ水腫を取り除くものになります。メニレットなど。

 

メニエール病耳鳴りの漢方薬とは、体の中の水分を排出し、リンパ水腫のバランスを整えるものや、ストレスを取り除くものが使われています。

 

具体的には、

  • 五苓散
  • 苓桂朮甘湯
  • 加味逍遥散
などが挙げられます。

 

その他の治療方法

内耳の血流を改善するベタヒスチンや、浸透圧によりリンパ水腫を排出するイソソルビドといった薬がよく使われています。

 

 

また、ストレスや不安が原因となることもあるため、デパスなどの抗不安薬が使われることもあります。また、症状がひどいときは病院で点滴をし、改善したら、予防のために内服を継続するといったこともあります。

突発性難聴の耳鳴りを治したい

突発性難聴原因とは明らかになっていませんが、ウイルスやストレス、血流不足などが原因となっていることが多いです。

 

 

突発性難聴の耳鳴りは耳が聞こえにくく、閉塞感が感じることが多く、片方の耳が突然聞こえにくくなります。

 

 

話し声やテレビの音が聴きにくい状態が数日続いている場合は突発性難聴になっている可能性があります。
また、突発性難聴になるとめまいを起こすこともあります。

 

 

突発性難聴は感音難聴の一つと考えられており、内耳に何らかの障害が出ていることがあります。

 

 

突発性難聴耳鳴りの処方薬とは副腎脂質ホルモン薬や利尿剤を服用します。
この他ビタミンや、血流が良くなる薬を飲むことがあります。

 

 

突発性難聴耳鳴りの漢方薬とは、

  • 桂枝茯苓丸
  • 八味地黄丸
があります。

 

この2つの漢方薬は急な難聴に特に効果が現れやすく食前に飲むと漢方薬の成分が体内に吸収されてきます。

 

 

この他、耳鳴りが長期にわたっている場合は滋腎通耳湯が良く効きます。

 

 

その他の治療方法とは
ストレスをコントロールするといったことの他、音響療法やカウンセリング療法があります。

 

 

突発性難聴は早めに治療を行わないと治癒しにくい特徴があるので、耳が聞こえない場合は早めに受診するようにします。

内リンパ水腫の耳鳴りを治したい

内リンパ水腫の耳鳴りとは、耳の中に内リンパ水腫が発生することを原因とする症状です。

 

 

内リンパ水腫原因とは、耳の中の内耳と呼ばれる部位にはリンパ液が流れているのですが、このリンパ液が増え過ぎて水ぶくれのような状態になってしまっていることです。

 

 

このような状態が引き起こされる原因は特定されていませんが、一説には精神的、肉体的ストレスが引き金になるのではないかとも言われています。内耳には体のバランスや聴覚を保つための部位があり、それぞれがリンパ液でつながっています。

 

 

そのため内リンパ水腫が発生すると、各部位の機能に支障が発生するために、そのひとつとして耳鳴りが出てくると言うのがメカニズムです。

 

 

治療法のひとつとして、まず内リンパ水腫耳鳴りの処方薬とは、内リンパ水腫を軽くするために浸透圧利尿剤が使用されます。
先述したイソソルビド、メニレットが有名です。

 

 

また耳の神経や細胞を活性化させるために、ビタミン剤や循環改善剤などが使用されることも多いようです。

 

次に内リンパ水腫耳鳴りの漢方薬とは、まずその人の体質、余分な水を体内に蓄えやすい体質かどうかを見極める必要がありますが、一般的には

  • 沢潟湯
  • 苓桂朮甘湯

と呼ばれる漢方薬が推奨されています。

 

 

これにより余分な水分であるうちリンパ水腫を軽減することを目的とします。

 

 

その他の治療方法とは、精神的、肉体的ストレスを軽減すること、また余分な水分を溜めこまないよう、塩分摂取利用に気をつけることなどが求められます。